未経験からのドライバーの仕事

全くの未経験からドライバーの仕事はできる?

ドライバーの仕事は、基本的に車を運転する事が多いです。つまり、運転技術があるなら今までドライバーの仕事をしたことがない人でも十分活躍できる業種でしょう。ただ、注意しておきたいのは運転免許を取得して…

ドライバーの仕事に向いている人の特徴

当たり前と言えば当たり前なのですが、ドライバーの仕事は車を使って行っていくので、車の運転が好きな人が向いている仕事です。タクシードライバーの隔日勤務では1日の勤務時間が21時間ほどになり、その間ず…

持っていると有利になるドライバーの資格をご案内

トラックドライバーなどの運送業に関連するドライバーを検討している人におすすめの資格のひとつが、牽引車免許です。牽引車とは運転席と荷台もしくは客車が分離できるタイプの自動車のことで、このタイプの自動…

ドライバー求人の会社選びのポイント

充実した福利厚生が付いているか確認する

福利厚生にはさまざまありますが、通勤費や住宅支援、健康診断などがあるかどうかはチェックしておきたい項目です。ドライバーの場合、通勤費より、会社まで来るのにかかるガソリン費を支給しているかどうかを確…

免許取得のサポートなどのキャリアアップ制度があるか

キャリアアップ制度とは様々な企業が取り入れている制度ですが、タクシードライバーやトラックドライバーなどに適用しているケースが多いです。タクシードライバーやトラックドライバーとして働くためには、それ…

会社の面接時に疑問点を解決しておく

作業人数を聞いておく事

ドライバーの求人の面接では、作業人数を聞いておくことが大事なポイントです。ドライバーの仕事は、一人で作業する場合もあれば、会社によって複数で作業しながら与えられた業務を遂行していく場合もあります。基本的に、タクシー運転手や宅配便などは一人作業の事が多いですが大型トラックで運送する仕事の場合は、二人作業で行うこともあります。もし、一人で作業するのが好きだからドライバーの求人に応募したのに、複数人で作業することになると予想外の展開で戸惑ってしまいますよね。 このように、何人でドライバーの仕事を一緒にしていくのかが大きく影響する人は、面接の時に確認をして自分が納得した場合のみ採用されたら働くようにしましょう。もし、作業人数で納得がいかなかった場合は、採用されてもお断りして他のドライバーの求人を探します。

正社員の場合は勤務時間を確認しておく

ドライバーの求人は、アルバイトであればある程度時間を絞って勤務する事が可能です。面接の時に、朝から夕方までの勤務と要望をだせばそれを取り入れた上で採用か不採用か判断してくれます。つまり、採用されれば自分の希望通りの時間で勤務できるのでプライベートと両立しやすいですよね。しかし、正社員の場合はこちらから勤務時間を指定するのが難しいです。しかし、勤務時間が不透明な状態で働く事になるとプライベートと上手く両立できないので面接の時に聞いておきましょう。 普段の勤務時間はどうなっているのかや残業時間なども聞いておきます。勤務時間が明確になれば、自分が採用されても気持ちよく働けるのかをある程度判断できますよね。ただ、残業に強く触れてしまうとこの人は仕事熱心でないなと評価されることもあります。そこで、軽く触れる程度にするか少しでもマイナスに影響するのが嫌なら普段の勤務時間だけ聞くようにしましょう。