持っていると有利になるドライバーの資格をご案内

運送業関連のドライバーであれば牽引車免許は有利になりやすい

トラックドライバーなどの運送業に関連するドライバーを検討している人におすすめの資格のひとつが、牽引車免許です。牽引車とは運転席と荷台もしくは客車が分離できるタイプの自動車のことで、このタイプの自動車を運転するためには専門の免許を取得する必要があります。運送業界のトラックドライバーは仕事内容によっては乗用車を複数台トレーラーに積んで運ぶこともあり、ドライバーの仕事の中でも特に高収入を狙えると人気を集めているようです。

そのため大きな積み荷を扱っている運送業者に就職・転職する時には有利になるのはもちろん、働ける企業や任せてもらえる仕事が増えるなど、働き方の幅が広がると意味でも有利になりやすい資格となっています。

タクシードライバーは介護や英会話に関する資格が有利になる

タクシードライバーは接客がメインとなるため、有利になる資格としては英会話関連のものがおすすめです。特に観光地として有名なエリアや外資系の企業が多く参入しているエリアでタクシードライバーとして働く場合、海外の客を乗せるケースも少なくありません。このため英会話に関するスキルや資格を持っていることで幅広い客に対応することができるのはもちろん、タクシードライバーとしての大きな強みになるので就職・転職の際に有利です。

また介護関係のサービスを提供しているタクシー会社や介護タクシーへの転職を検討している人であれば、必須ではありませんが介護関係の資格を持っていると客だけではなくドライバー本人も安心して対応できるので、強みになります。

ドライバーの仕事は、会社によって勤務内容や福利厚生などの条件が細かく異なります。運転手の募集に応募をする時は、条件をよく確認することが大切です。